のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランドIV(19)~謎の観光ツアー(2)~
【2018/06/05 21:08】 海外旅行
 途中に在った道路標識「市街地の終わり」…ここから先、民家らしき物は殆ど在りませぬ。
市街地の終わり
 でも途中の小屋の上には…。
…あれは!!
 ぼっちゃん(シュバシコウ)の巣@使用済。
ぼっちゃんの巣
 それにしても遠い…シナゴーグから15分以上歩いとります…普通ならバスで移動する位の遠い…-Д-;
城までが…遠い!!
 20分以上歩いて漸くティコチン城到着。
ティコチン城到着
 ここにもぼっちゃんの巣が!! やはりここはぼっちゃんの支配圏だった~!! 初夏に来たかった…。
ここにもぼっちゃんの巣
 城門から中庭に入ります。
城の中庭に
 土産物屋にもぼっちゃんが。しかし脚が太いっすね。家のぼっちゃんの方が可愛いぞ。
土産物屋
 マグネットもぼっちゃんとバイソンがメイン。
土産物2
 結局これを買いました。2つで20PLN。
結局買った物
 先ず城の地下室へ。ティコチン城は元々リトアニアの貴族・政治家だった、ジョナス・ゴシュタウタスが1433年に建てた物でしたが、1560年代にゴシュタウタス家が途絶え、ポーランド王兼リトアニア大公のジグムンド2世の所有物になります。
地下室は資料室みたいな…
 兵器庫兼王の邸宅でもあったこの城は1611~1632年に建て直され城塞になる物の、戦争に翻弄された上に1734年の火事で暫く廃墟状態に。2005年に一部が漸く再建されました。
資料2

当時の衣裳とか
 ティコチン自体ポーランド・リトアニア連合分断後、プロイセン(旧ドイツ)→ロシアと所有権が何度も変わり、ポーランドに戻ったのは1815年。
 以後第二次大戦前までの人口は4~5000人でしたが、半数を占めたユダヤ人が根絶された為、現在は2000人と半減したそうです。
 歴代所有者とその一族の肖像画…と思われますが、ゴシュタウタス家やジグムンド2世由来かどうか良く判りません^^;
肖像画
 移動して塔の中へ。広場に置いて有った祭壇??の装飾が美しいです。
 後ろに写ってるのは城の解説係…だった気がしますが、殆どポーランド語しか話せない様で、英語解説は簡単に終わってしまった為、内容がこれまた解りませんでした ̄▽ ̄;
装飾が細かい
 ジグムント2世の肖像画ですかね? この人は3回結婚してますが2度妻に先立たれ、一族直系最後の男にも関わらず、結局世継ぎに恵まれないまま亡くなったそうです。
ジグムント2世の肖像画?
 塔から外を見た様子。
塔から外を見た様子
 城の一部はホテルになっており、ゆっくり静養したい人には結構人気が有るそうです。…周囲に殆ど建物が無い為、夜になると真っ暗ですが^^;
中庭
 日が暮れてから漸くレストランで会食。ウェルカムドリンクは柑橘系のウォッカ。日本では有り得ないチョイスでした。
飯テロ

飯テロ2
 しかし序盤で出たジュレック@ゆで卵&ソーセージ入りで、かなりお腹一杯になって仕舞い、残りの料理がろくに入りません ̄▽ ̄; 実際料理はかなり残ってしまいました。
ジュレックで腹一杯
 Iさんトラウマのピエロギも(笑)。
ピエロギも
 実は別の日にビャウィストクの方でもウェルカムパーティーが有ったんですが、主催者が私等日本人を気遣って「カンパイ(乾杯)」と言ってくれた以外は、殆ど内輪だけで盛り上がってる状態でしてな。
 この時も乾杯の音頭以外はそんな感じで、面識の無い殆どの招待客は時間を持て余しスマホを弄るしか無かったと言う…。
 ド田舎なのにFree-Wifiはしっかり入ってる辺り、ポーランドの意外なハイテク振りは実感しましたが、自分独りでは絶対行かない様な所に行けたとは言え、パーティー自体はぶっちゃけつまんなかったです ̄З ̄;
 ビャウィストクにはまた行く機会が有りそうですが、もうツアーには参加したくないっすな ̄▽ ̄;

 帰りは真っ暗だったんで写真は無し。工科大に戻ったのは22時半位でしたかな。
 丁度16番(ホテルに帰るのに一番便利な路線バス)が来て間に合わない…と思ったら、待ってくれて乗り込めた物の、街中の道路工事の影響で上りと下りのルートが違っていて降りるバス停に一寸戸惑う。
 しかもバス代払わずに降りてしまいました…スイマセン^^;

 次回は『ワルシャワへの帰途~新型車両登場(仮)~』をお送りします。色々有って滞りがちだったポーランドIVも後2回位で終わりそうです。
 終わったらシンガポールが待ってるぞ!!(笑)^^;

YC1系+マヤ34形
【2018/06/03 21:41】 日常・雑談
パッと見電車っぽいデザイン
 今日はJR九州の新型車両YC1形と、マヤ34形が走ると言うので写真撮りに行ってました。
 マヤ34形は以前鍋島駅でねっちり撮ったんでメインはYC1系の方。しかも何故か吉野ヶ里公園駅で1時間も停車すると言う。(後でマヤ34形もこの駅に30分位停まる事を知ったけど、流石に再度行く気にはなれず^^;)

 この車両はディーゼル車で有りながら蓄電池を搭載したハイブリッド車で、今回搬入されたばかりのピッカピカの新品です。主に大村線を走るので普段佐賀ではお目にかかれません。
 んで、吉野ヶ里公園駅に着くと、1番線(下り)に明らかに同じ考えの人達(笑)が10数人カメラを構えてます。この駅は3番線まで有るんでどこに停まるかは事前では不明でした。3番は上り用だし消去法で2番と見てたのですが…。
 こう言う時は鉄っちゃんの行動パターンを信じろって事で、跨線橋を渡って1番ホームに移動。DE10に牽かれてやって来たYC1系は…やっぱり2番に停まったやん(笑)^^; そもそも線路の雑草の生え方が違うから2番は普段使わないんでしょうな。
アナウンスで「通過」って…
 アナウンスで「列車が通過します」と言って「えー?」と思いましたが、旅客扱いしない列車って停まっても「通過」になるんでしたっけ? まあ2番線の端の方に停まったし通常はここまで車両は来ないんでしょう。
通過して行った…?
 まあ1時間停まるんだし1番線と2番線を行き来すれば良いのです。
 ここ何年かのJR九州の特徴なんでしょうが、随所にキャッチフレーズの「YASASIKUTE CHIKARAMOCHI(優しくて力持ち)」と書かれてます。
随所に「優しくて力持ち」

「優しくて力持ち」
 ♪気は優しくて力持ち…がんばれがんばれドカベン~や~まだた~ろう~。
優しくて力持ち2
 これが噂の蓄電池ですか。
これが噂の蓄電池
 川崎重工製を示す紙。
川崎重工製
 検査票が貼られたままで本当に搬入中なんだなと。
未だ搬入中
 その通りこの車両は未だ単独で走れる状態になっていません。窓ガラスやライトにはシールやテープが貼られているし…。
窓のシールを剥がしてない
 
ライトも未だテープ付
 内装は完成してるんでしょうけど何やら計器を置きっ放しです。
何やら計器を置いたまま
 旅客扱いしない為、窓ガラスにくっつかないと中を覗けません。しかも一部の窓は板か何か置いてて全く見えなかったし。
計器2
 何と無く上から目線でも撮ってみました(笑)。
何と無く上から撮ってみた
 あっと言う間に1時間経って列車は佐賀方面に向かって行きました。
時間ですよ
 何時か旅客扱いしている姿が見えたら宜しくね~。
じゃあね~
 それにしても最初10数人だった鉄っちゃんは、最終的に50人位に増えてた様ですが私以外全員男でした(笑)。

 マヤ34形は踏切で撮った程度なんであまり大したネタは有りません。ただ往き(上り)は普通にDE10が牽引していたのが…。
マヤ34形
 帰り(下り)はマヤ34形がDE10に挟まれた形…プッシュプルになってました。
マヤ34形プッシュプル
 この黒い塗装のDE10は元々「ななつぼし」牽引用ですが、2両しか無いと思ってた(ダンナ談)ら実は少なくとも3両有る事が判明。
 YC1系を牽いてたのは1207、マヤ34形は1206と1753でした。へぇ~。

オオウミガラスの命日2018
【2018/06/03 00:39】 鳥関係
 去年の今日は科博で大英自然史博物館展IIを観に行ってたな~。シンガポールに行くのがもう一寸早かったら観られたのにな~…と思っていた所にチャンス到来!!
大英自然史博物館展@台北
 大英自然史博物館展台北開催に行けるぞ~行っちゃうぞ~!!
 ポスターと言うかキービジュアルはパッと見科博とそっくり。
台北版
 こちらは科博版。良く似てるけどレイアウトは変えてる上に、台北の方はスペースが目立つ様な。実際科博の370点に対し台北は227点らしいので大分減ってますね。
 シンガポールの正確な展示数は不明ですが、「200点以上」「日本よりも減っていた」と言う事ですから、第一弾となった科博が圧倒的に多いのは確かです。
科博のポスター
 何しろ始祖鳥が目玉でしたからね~。んで始祖鳥は日本開催限定だったんで今後何処を回るか知りませんが、本家大英自然史博物館に行かないと拝めないと。
リアルしそ「くん
 ポーランドで仲間に会いそびれたしそ君は代わりにジュロンバードパークでレリーフと記念写真(笑)。
 台北に居る訳無いけどジュロンみたいに何が有るか解らんから連れて行こう。
ジュロンバートパークにて
 8月末のアムステルダム確定→ベルリンも決まったら、しそ君には本物のベルリン標本に会わせてやろう。
ベルリン標本@本物
 オオウミガラスが主人公なのに全然話してないな(笑)。
 科博の例からしてドードーとモアは確定、オオウミガラスやリョコウバトも纏まって展示している…筈。

 台北開催のプロモーション映像はすごろくになってて、「ロンドンから東京→シンガポール→台北」と進むコマがドードーとモアと言う目立ちっぷりが素敵(笑)。もしかして台北開催の目玉なの?
 こちらもドードーが目立ってますが、本家の映像に始まり科博をすっ飛ばしてシンガポール開催の様子が窺えます。何故科博を飛ばしたのかは不明 ̄▽ ̄;

 Facebookでもドードーが目立った映像が有ったし(当方アカウント持って無い為詳細不明)、やっぱ目玉なんでしょうねぇ。
 少なくとも台湾来るのは初めてですしそりゃ張り切りますわな。

 科博とどう展示の仕方が違うか確認したい物です。シンガポール開催の感想書いてる日本人は(確認出来た限りでは)たった一人でしたが、台北開催の感想書く人は他に出るんですかね?
 私が書いたら科博の時には及ばないにしても相当濃い内容になりそう(笑)。写真は反転させた物ですがシンガポールの映像を観る限り、科博とレイアウトが違ってたから、同じ標本でも新鮮に感じるかも知れんですよ。
向きを変えて展示してくれないかなぁ
 結局大半が大英自然史博物館展の話になって仕舞った…(笑)^^;

ポーランドIV(18)~謎の観光ツアー(1)~
【2018/05/31 21:15】 海外旅行
 ビャウィストク工科大の学会にはオプションとしてツアーが有り、3度目の参加ともなると断り難くなって参加する事に。
 前回は湖で船に乗ったそうだし今回も行き先はその類かと思いきや…。
 バスは工科大を出て西へ西へと…何の事は無い。前回(2015年)代行バスでワルシャワに戻る時通った道です。しかし1時間近く経つと右手の脇道に入りろくに民家も無い未知の領域に突入。ポツンと建っていたこれは教会ですかね?
教会かな?
 予め行先を知らされてなかった(サプライズ?)為、一体何処に連れて行かれるのか不安になって来ます。途中の道路標識を見ても全然知らない地名ばっかりだし。
 脇道に入って20分弱、漸く広場に到着。ヨーロッパバイソンの実物大模型が目を惹きます。
広場に到着
 ここでバスを降りて数分歩きます。道路標識の地名を見ても相変わらずここは何処?私は誰?状態。
何処かサッパリ判らん
 荒れ果てた&修復中の古ぼけた建物に到着。
シナゴーグ
 その建物の傍の案内板で漸く地名判明。TYKOCIN(ティコチン)…知らねぇ^^;
ティコチン…知らん!!
 観光地案内。右のシルエットを見るに「ぼっちゃん(シュバシコウ)」が飛来する様です。
周辺の観光地
 知ってる日本人は殆ど居ないと思うので場所説明。
ティコチン位置関係(全体)
 近郊の位置関係。Googleマップだと車で26分になってますが、実際は1時間以上かかります ̄▽ ̄;
 当初ティコンかと思ったらティコンなのだそうで。そう言えばポーランド語の「C+母音」はサ行ではなくタ行でしたっけ。
 つまり「トロー」ではなく「トロー」か…成程(関係無い)。
ティコチンやや詳細位置
 何故ここに連れて来られたのかと言うと上の建物は大シナゴーグ(Wielka Synagoga)、つまりユダヤ教の教会だからです。戦前のポーランドに350万人も住んでいたユダヤ人とその痕跡は、言うまでも無くナチス=ドイツに因って大半が破壊されてしまいました。
 例外的に難を免れた数少ない地域がこのティコチンなのです。ユダヤ教関係者には有名らしいです。
 中央の礼拝室。外の殺伐とした雰囲気に比べると清楚な美しさを感じる部屋です。
中央礼拝室
 祭壇は壮麗なデザイン。
祭壇
 壁は模様では無くヘブライ語なので何書いてるか全く解りません^^;
壁はヘブライ語で書かれている
 礼拝室横の通路に幾つか資料が展示されてます。これは蝋燭の燭台ですかね。
燭台かな
 恐らくここで式を挙げたりお祝いをした人達の幸せそうな写真。彼等の大半は恐らくガス室送りTДT;…?と、思いましたが良く見ると大半はカラー写真ですね。すると戦後に撮った物なんですかね??
ここで式を挙げた人達は…
 ザッと見てから外に出ると修復中なのも相俟って外壁は横から見ても殺伐…。
殺伐…
 傍に在るユダヤ文化博物館(Muzeum Kultury Żydowskiej)もボロボロですな^^;
 でもこんなド田舎なのに衛星放送はしっかり有るのね。
博物館 
 さり気なくザメンホフの名(ZAMENHOFA)が入ったレリーフ。彼もユダヤ人ですしこの地とも縁が有るそうです。
ザメンホフの名が入ってる
 とゆーかここが博物館なのは中に入ってすぐに判りましたが、地元民の素朴な暮らしを展示してるのかと思ってたんですよ。この記事を書く為に正式名称を翻訳して漸くこれもユダヤ教絡みと知った次第。
 でも展示物は本当に素朴ですね。
素朴な展示物
 地元の人が故郷のさり気ない光景を描いた絵が幾つも飾られてます。ワルシャワの鉄道博物館でも感じたけど、ポーランド人の絵って暖かみが有って好感が持てるわ~。
暖かみの有る絵
 一番気になったのは薬局を再現した部屋ですが。ユダヤの白衣が活躍した部屋…。
薬局再現
 シナゴーグと博物館の向こうに馬の人が。観光用では無く個人的に飼ってるだけっぽい。
馬の人
 表通りに出る途中に在る清楚で可愛らしいヴィラ(リッチな別荘的宿泊施設)。
可愛い店が無いでも無い
 ああぼっちゃぁぁぁぁ~ん…Vv こうアピールしている所を見ると、バードウォッチャーには結構美味しい所なのかも。
ぼっちゃぁ~ん
 ヨーロッパでは夏鳥なので初夏だったら見られたかも…。
見たかった…
 前述した物とは別の周辺図。
周辺図
 シナゴーグからのルート。
シナゴーグからのルート
 正面に見えて来たのは三位一体教会@修復中。
ここが終点と思いきや…
 夜は会食が入ってるのでここでやる物かと思ったら、左に曲がって川を渡り始め…一体何処に行くんや?! ̄▽ ̄;
何処に連れて行かれるのか??
 (2)に続きます。

黙って逝ってしまった友(3)
【2018/05/29 12:18】 ハーロック@松本零士
 昨夜やっと怪人さん向け誕生日祝い絵完成版をお贈りして来ました。
 私の作品にしては知らない方からの反響も結構来てますが御本人の仁徳の賜物でしょう。あちらの世界で御覧になってると良いのですが。
誕生日絵完成版
 「ふわっと優しいタッチ」にしたくて、誕生日当日のお見せした絵もエアブラシで仕上げてたんですが、今回はコミスタ鉛筆の「柔芯」ツールで主線を描いてます。
 きっちりペン入れするよりも鉛筆が良いなぁと思いつつも、普通に描いたら何か線が硬いのが気になってたんで、今後「柔芯」をもっと活用したいですね(筆圧感知は検討の余地有)。次元航海感想ネタ絵とか(笑)。
突貫で描いた誕生日祝い絵
 因みにこれは誕生日当日、上の絵を描く前に描いたラフ。
 「ジェームズだぁい~すきVv」ってな感じにしたかったんですけど、エマの顔が安定しなくてですね…。元々松本先生はこう言うキャラ描かないし、蒼先生の絵柄から自分の絵柄に落とし込むとオリキャラになってしまうんですよ^^;
当日に描いたラフ
 以前話した様にこの絵はシンガポール渡航直前に突貫で描いたので、生前の御本人に見せる事は出来ましたが、遅くなってもちゃんとした物をお贈りしたかったのです。自分自身のけじめとしては。
 と言う訳でシンガポールの学会会場で描いてたラフ。ボールペン一発描きだと益々似てない^^;
シンガポールの学会会場で
 途中からシャーペンに切り替え。
学会会場2
 何かセーラームーン(と言うかちびうさ?)描いてる気分になって来た^^;
ポーズを変えて見たり
 帰国後若干落ち着いてから漸く最初に描いた下描き。エマの表情は好きなんだが首の向きに無理が有る様な^^;
首が一寸な~
 決定稿の前に描いた物。如何せん資料になる物がカラー絵は初期設定、本編もあまり参考になる絵が無いのが困ったもんです。ジェームズの顔もコマ毎に変わってるし… ̄▽ ̄;
決定稿前のVer.
 決定稿のベースになった物。
決定稿のベース
 これで自分的には或る程度気持ちに整理をつけたつもりですが、未だ立ち直ってない仲間も居るんで、ふとした事でぶり返す可能性は無きにしも非ず…。
 今後も御本人の垢には誕生日絵を捧げたいとは思ってます。

 突然の事で情報が錯綜してましたが、個人的に気になっていたのは「怪人さんが亡くなったのは自宅の風呂場か?」でした。最初聞いた時は「奥様が発見した時にはもう…」かと思ったんです。

 と言うのも自宅で急死した場合は家族が殺してないか警察に疑われるんですよ。去年伯母が風呂で溺れて亡くなった時がそうでしたから。
 家族を急に失って悲しいのにその気持ちを抉るかの様に事情聴取されてたら…と思うと、奥様の辛さは如何程の物かと考えてしまったんですよ。
 実際は病院に運ばれて延命措置もしたけど結局…だったそうです。

 当初は「さよならも言わずに死にやがって…TДT;」な気分でしたが、どうやら自分が亡くなる事は怪人さん御自身も思わなかったみたいで。
 こうなって来るともうどうしようもない、誰のせいでも無い事態だったとしか言えませんよね。

 先日まで本人に会ってて葬式で現実を叩きつけられた「二代目&うめ」と違い、私自身はリアルで体験した訳では無い。
 しかも海外に居た為、訃報を知るのも出遅れた。2人とは決定的な「距離感」が有るのは否めません。
 ただ今にして思えばその「距離感」は必要だった気がします。あの場に私も居たら全員打ちのめされてたでしょうから。

 その「距離感」のせいなのか、私は怪人さんが亡くなった事を悲しむだけでなく、遺された奥様達の事も気になって仕舞います。
 何故なら私自身去年は前述の伯母、そして義父を亡くしていますから実際に「遺された側」なんです。(更に今年3月には母方の伯父が亡くなりました)
 そう言う意味では怪人さんの奥様の事は他人事には思えません。

 それに追い打ちをかけるかの様に、昨夜ダンナの帰りが異常に遅く、携帯も留守電になって通じないと言う事態が発生し、「職場の自室で独り倒れてるのでは…」と心配する事件が遭ったんですよ。

 結局仕事が立て込んで夜中になってしまったそうですが、怪人さんの事も相俟って「本当に死んでたらどうしよう」と余計な心配しましたからね。電話が有った時怒鳴りつけましたよ(苦笑)。

 でもそれとはまた別に人間死んだら遺された者には、葬式以外にも膨大な手続き、遺産や遺品の整理等々色んな事がのしかかって来ます。
 年寄りが病院で段々弱って亡くなってすらこうです。働き盛りが急に亡くなったらのしかかって来るのはこんな物では有りません。

 こう考えて来ると人間が死ぬのは誠に面倒臭いですね。来世は鳥になりたい。

999第3話&次元航海44話感想
【2018/05/27 01:10】 ハーロック@松本零士
 【999】
 クレアさんに説得され簡単に発行されるミーくんのパス。銀河鉄道の規則とは一体…。カノンも出て来るしこりゃエターナル編の補完も兼ねてますな。
簡単に発行されるパス
 今回の行先はアルティメット…ではなく、取り敢えずは始発駅デイスティニー。とゆー事は次回レイラ登場ですな。
次回レイラ登場?
 そこにビッグアース移民団が通過。ビッグアース…大地球…つまりは『ワダチ』の世界か~。ワダチは良いぞ~。四畳半物の中で一番好き。

 船団の中から一隻だけ近寄って来る戦艦はGヤマト。アニメの大ヤマトと違ってちゃんとヤマトなデザインです。
 その伝説の戦艦の転生に驚く鉄郎に双眼鏡を差し出す謎の男とGヤマトの艦長。
実はハーロックの弟?
 古代将(すすむ)…「将」は松本先生のリアル弟さんの名前ですが、次元航海でもハーロックの兄弟扱いでしたし、同一人物とみて宜しいですか?
謎の青年
 そしてさっきから鉄郎に何かと絡んでる男の正体は有紀学!! 『銀河鉄道物語』とのリンク…始発駅「ディスティニー」の時点で気づくべきでしたね^^; 鉄郎が気付かなかっただけで学達にずっと守られていたのですし。
 鉄郎はメーテルとずっと旅していたいだけですが、現実は機械化帝国を倒した時点で「英雄」でもあり「敵」でも有りますからね。
 本作では次元航海の鉄郎みたいに達観出来ては居ない様です。(あれはカッコ良かった…)
有紀学キター
 一方Gヤマト内。相原が察知したエネルギー反応がとんでもない事態に…。
悲劇の始まり
 しかし古代艦長は結構気さくな方だな~(笑)。
古代さん御茶目ね
 将(すすむ)はリアル弟さんから採ったから判るけど、「ゆき」を何故「膤」とかこんな難しい漢字にしたのやら。入力が面倒だぞ ̄З ̄;
 しかしビッグアース産のコーヒーは淹れるのか難しいのか、膤(ゆき)が単なる飯マズなのかどっちですか?(笑)^^;
実は飯マズ?
 そこに異様な振動が999を襲う!!
異変発覚
 異変の原因は総司令(レイラ)自ら説明する代わりに、鉄郎にはディステイニー到着まで隠さねばならないとの事。
 車掌さんは平静を装いつつ鉄郎には見えない所で泣いてます…。
平気な顔してその実泣いて…
 でも学は知る権利が有る。そしてあまりの事態に驚愕する学。エターナル編をお読みの方は既にお判りでしょう。太陽系が消滅した事を。
学には真相を
 そんな事も知らず地球の夜森先生やミライさんの事を思う鉄郎の笑顔が哀しい…。
真実を知った時鉄郎は?
 クレアさんもここで薄々真相に気づいていたのでは?
 個人的にクレアさんのキャラが結構立ってる様に感じます。島崎先生もお気に入りだったりして。
これも伏線だね
 次回衝撃の事実を知った鉄郎はどうする?!

 【次元航海】
 今回センターカラー。それにしても嶋星先生のカラーは彩度を落とした渋い色合いで定着した様で。
センターカラー
 ヘビーメルダー…トチローの死んだ場所。友の眠る場所。(鉄郎が看取ったかどうかは不明。多分看取ってる)
友の眠る場所
 そして涙を流すハーロック。
キャプテンの涙
 友の為に泣くのは恥ずかしい事では有りません。…この辺はほぼ原作通りです。
そう恥じる事は無い
 一方テシウスと女王では無く「親友」として酒を酌み交わすラフレシア。
女王では無く友として
 ラフレシアも行く先は闇かも知れないと感じながらも、テシウスが提案する「地球人との共存」は、立場上受け入れる訳には行かないと。
 静香(パフィオ)がアルカディア号に潜入した事も実は既にバレてました。しかし彼女を裏切り者として罰するでもなく、スパイとして利用するでもなく、見守ってるのは静香が突破口になる事を、ラフレシアも内心期待しているのかも知れません。
 束の間の「親友」の顔から再び女王に戻るラフレシア。「河はわたってしまった」「その河は赤くそまってしまっている」とはルビコン川を意識してでしょうかね。
女王の立場が有る
 テシウスの言う事は解る。しかしもう後には引けないのだと。そしてラフレシアはクレオと共に戦いの場に赴く…。
 テシウスもラフレシアの気持ちは痛い程解るだけに涙を流すしか無く…。
泣けぬラフレシア、泣くテシウス
 場所はヘビーメルダーに戻り酒場のシーン。アルカディア号にビビって逃げる男も原作通り。しかし酒場には原作に出なかった謎の男が3人。彼等は一体何者なのか? 
この男達は一体?
 2話で出て来た彼等だったら褒めてね(笑)。
当ったら褒めて(笑)
 ここで更に伏線張ったと言う事は未だ連載は続くと見ました。
 しかし新キャラ出して話を広げそうだった『猛獣性少年少女』は次回最終回とな?! エロ可愛くて良かったのに~。こんな風に唐突に終わるからREDの連載は油断出来ない。同じ松本作品でも今の所999の方がプッシュされてるし。
 
 場面はいよいよ墓参りのシーンへ。以前から疑問だったのですが、トチローの帽子は枝にかけてるだけっぽいのに何故飛んで行かないんでしょう?(笑)
トチローの墓
 ただハーロック独りでは無くまゆも一緒なのが原作との違い。
まゆと墓参り
 原作だと「!トチロー!!なぜ死んだ!」と泣き叫んでましたが、まゆの居る手前それはやれないのでは…。
 どうするハーロック? それともまゆの面前で泣き叫ぶのか??(笑)
号泣ハーロック
 …しかし「怪人さん!!なぜ死んだ!!」と墓前でブチ撒けたいわ…。
 7/14のロボ基地での『怪人さんを囲む会』には私も行きます。

黙って逝ってしまった友(2)
【2018/05/22 11:04】 ハーロック@松本零士
 18日に帰国してるのに色々有り過ぎて通知する暇も無い状態が続いてます。若干落ち着くのは今週末頃でしょうか。

 怪人さんの訃報にダメージを受けていたのも確かですが、シンガポールの準備に追われて突貫で描いたこの誕生日絵をリライトする暇すら有りません。
突貫で描いた誕生日祝い絵
 今度は心の余裕が有る時に「心を込めて」描きたいんでもう暫くお待ち下さいね、怪人さん。
 
 さよならもいわずに突然亡くなった彼ですが、亡くなる直前に二代目と「うめ」が最後に御本人に会った5/4…元から長身スレンダーな方でしたが更に細くなっていた事と、誕生日当日のツイートにその予兆みたいな物は有りました。

 誕生日当日にアピールするのは良く有る話ですが、何故態々「固定ツイート」にされたのでしょう? これまでの誕生日ではこの様な事はされていませんでしたし、まるで来年の誕生日を迎えられないと暗に気付いてたかの様で…。

 御家族にお聞きするのは憚られますが、「もし自分の死期を悟っていたのに、御家族にもその様子を全く見せなかった」のだとしたら一寸あんまりだなと思います。
 心配かけたくないんで黙ってる人も居ますけど、いきなり亡くなってショックを受けるのは遺された人達なんだぞ!!

 通夜と葬儀当日、自分が一番悲しいであろうに気丈且つ参列者を笑わせようとされていたと言う奥様。切れ長の目で正にエメラルダスな方だそうで。
 御自分のアイコンが二代目作のトチローですので、実は惚気だったのか?と内輪で話題になってました。
怪人さん@二代目作
 訃報を最初に知ったのも「うめ」ですが、奥様が怪人さんの垢で「うめ」とLINEでやり取りする様子を見る限り、案外御茶目な方なのだろうか?とも思ったり^^;
 私等を気遣って敢えてそう振る舞ってるのかもしれませんが、結構愉快&可愛いスタンプを多用されるんですよ。普通家族を亡くして悲しい人はそんなスタンプ使わんだろって^^;

 御本人が最後に描いてたのは零コレ用の戦アル絵でした。
 他の方の作品と比較するとタイトルもコメントも入っていませんし明らかに未完成です。彼がここからどの様に仕上げて、どんなタイトルやコメントにするおつもりだったのが、それはもう永久に判りません。

 実は御本人のPCにこれよりもう少し進めたVer.が存在するそうです。ただ絵(多分PC起動時)にパスがかかっている為、確認出来ず答えは何だ?って事で奥様とやり取りが有りまして。
 ヒントが「yuki」だから森雪と思ったら違ってて、「古代」「有紀螢」等々意見が出る中、ふと私が(大ヤマトの)「ホンゴウ・ユキ」では?と提案したら実はそうだった様です。 (実は全然別で奥様が自力で見つけてました ̄▽ ̄;)
 
 存命だったら投稿前に私等に見せて確認取ったに違いない絵にしても、実際にその絵を拝めるかどうかは奥様次第なので何とも。

 それにしてもあれだけアニメや漫画に詳しくて、色んなグッズも持っていた怪人さんですが、家探しが大変な位お宝を何処かに隠しており、奥様も亡くなるまでそう言う趣味が有る事すら殆ど御存じ無かった様です。

 …全く「本性を隠す」事が非常に上手い方でした(苦笑)。
 ああでも体調に関しては、マジで事前に御家族には伝えてて欲しかったんだけどなぁ。

 次元航海最新話が原作準拠とは言えタイミング合い過ぎです。
 謙虚で大らかで寛容な方に見えて実は目立ちたがり屋だったのだろうかと、イタコで呼び寄せて小一時間問い詰めたいですね。

 恒例の感想の方は後日改めてする予定です。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB