のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


クロツラさん2018
【2018/02/01 20:57】 鳥関係
 1/4と今日行って来ましたが満月直後(昨夜の月食は曇って観られず…)にも関わらず1/4の潮位は思った程上がらず。スーパームーンだったのに情けないぞ?!
 今日は潮位はまあまあ。前回もだけど潮が引いた時に通路に泥があまり残って無かったんで歩き易かったですね。
 そうしている内にクロツラさん参上。10羽位飛んでたのに…。
飛んでたのは10羽位だったのに…
 杭に停まったのは5羽のみ。残りは何処に行ったん??
残りは何処に??
 1羽足輪してますねぇ。
1羽足輪している
 しかしこの個体妙に顔が黄色い様な…? 個体差なのか若いのか?? 最初顔をうずめているからヘラサギと思いましたよ。
 *繁殖期になると冠羽や胸部と共に目先が黄色くなって来るそうです。…つまり早目に色気づいたのか(笑)。
妙に顔が黄色い
 こちらは目先が黒いので未だ非繁殖状態…と。
普通のクロツラさん
 後で気づいたんですがこの顔が黄色い個体、実は片方にも足輪をしとります。
実は両脚に着いていた
 クロツラさんに特に動きが無いんで移動してたらダイシャクシギの群れの中にミヤコドリが。毎回思うんだけど何故彼等はダイシャクシギに混じって行動するの??
ミヤコドリ参上
 前回(1/4)は6羽だったんで今回も全部揃ってると思いきや良く見ると7羽居たと言う。
実は7羽居た
 それにしても相変わらず配色がお洒落な鳥であります。
相変わらずお洒落な鳥

ミヤコドリのび~
 潮が段々引く内に別のクロツラさんが参上。杭の連中とは別に4羽居ましたが冒頭で何処かに飛んで行った面子なんですかね?
 これも後で気づきましたがこの個体も両脚に足輪しています。(上の写真左端の個体)
こちらも足輪付
 クロツラさんとミヤコドリ一緒に撮ったのは何気に初めて?
クロツラさんとミヤコドリ
 ここではユリカモメ(嘴が赤)よりもズグロカモメ(嘴が黒)の方が多いのです。希少鳥類の方が多いのです。
ズグロカモメ三昧
 ユリカモメの方がやや大きくて嘴も長め。
ズグロとユリ
 更に潮が引いて来て特に大きな動きも無いと言うか、ツクシガモ以外はまったりムードなので帰るついでにクロツラ杭部隊を見てみると…。
ツクシガモは採餌中だったのに

飛ぶツクシガモ
 何故か1羽増えてました。
1羽増えていた
 しかし本当に動きが無い…。撮影はし易いから初心者向けの鳥とも言えますけどね。
しかし本当に動きが無い…
 3~4月はシギチの渡りの時期だからもっとバラエティに富んでる…筈。

義理は果たした^^;
【2018/01/28 18:40】 ハーロック@松本零士
 ラムネさんから大分前にリクエストされていた「喪黒服蔵にドーンされるハーロック」…。
 諸事情が重なって遅れに遅れ捲った為、遂に「もう…良いです…」と匙を投げられましたが、私があまり元ネタに詳しく無くてリビエラ@二代目に作画協力をお願いした手前、勝手に辞めるのも気が引けるので最低限の部分だけ突貫で仕上げました ̄▽ ̄;
笑ゥ宇宙海賊
 実はこの前後に1P有って一応オチは考えてはいるんですけどね…。完成まで待ってると更に遅れるんで取り敢えず御笑納下さい^^;
 今更だけど協力して下さった二代目、有難う。殆どラフのトレスになってしまったが下手に弄ると藤子タッチが活かせんと思い^^;

 完成版は…何時か本に出来たら良いなぁと。売る場所が無いのが問題だけど。

ポーランドIV予告
【2018/01/28 02:59】 海外旅行
 予告と言うか諸事情で余計に間が開いた為、先ず自分の記憶を掘り起こさねば…^^; 書く予定の内容は概ね下の記事に書いた通り。
  ポーランドに行って来ます…が…
  ポーランドなう2017
  ポーランドなう2017(2)
 ポーランドより帰国してます

 日本人が凡そ行かないと思われるビャウィストクも、3回目となるといい加減ネタが尽き…るかと思ったら案外そうでも無く(笑)。
 しかも初回(2011年9月)の頃に比べたら、Googleマップの情報も格段に増えましたねぇ。
昔に比べて情報が増えた
 上の地図とはやや場所がずれてますが初回はこの程度でした。
2011年当時のビャウィストク
 現在の地図だとほぼ同じ場所がこんな感じ。以前に比べると店の種類に因って印が色分けされ日本語表記も増えて見易くなってます。見易くなったっつーても位置関係を知らない殆どの日本人にはチンプンカンプンでしょうけど^^;
2018年現在の様子
 後、今時のショッピングセンターがかなり増えて大分便利になってますね。とは言えホテルから最も近いGaleria Jurowieckaと言うショッピングセンターは、ストリートビューでは未だ建設中になってますがね ̄▽ ̄;
歩いた方が早い?
 2013年6月当時の様子らしいです。
未だ建設中のまま
 現在はしっかり営業してます。
現在の様子
 尚、このショッピングセンターには現地到着したその日に行ってますが、その理由はダンナの靴が潰れかけてて、緊急に新しい靴を買う必要が有ったからです。日本で買う暇無くてですな…。
 一番安い靴を約50PLN(約1500円)で買いましたが日本で買った方が安かった様子^^;
 しかも何故か日本語表記付でしかもバングラディシュ製。今気づいたけど製造元は中国(上海)ぢゃないですか。
 あの~正真正銘ポーランドで買ったんですけど~?(笑)
日本語表記なのにバングラディシュ製…
 因みにリネク(市場)も前回(2015年9月)時点では、途中からストリートビューが効かなくなってたけど今は通り抜ける事が出来ますな。
夕闇のリネク

リネク2
 2011年当時「空港建設希望」のラッピングトレインが走ってた位だし、実際それ位の需要が見込める街になって来てるのかも知れないですね。
 *Lotnisko=空港
空港建設希望列車
 スタジアムはビャウィストク大の郊外キャンパス近くに在った Stadion Miejskiとは別物なんですかね? スタジアムの隣のバス停名がCIOŁKOWSKIEGO, Lotniskoなんですが、実際以前は空港…と言うよりも飛行場が在った様です。
スタジアム
 さ~て以前よりも更にマニアック且つ実用度が増したと思われる内容なので心してかかって下さい(笑)。


次元航海41話感想
【2018/01/24 23:23】 ハーロック@松本零士
 また掲載位置が後ろの方で近々島崎版999も始まると言うし、もしかして打ち切り或いはWEB送りか?…と心配になりましたが、嶋星先生の巻末コメントが「おちるかとおもった…。」
 先月号で「人手不足」とボヤいてましたが、ここのところの掲載位置の低さはこのせいで入稿が遅れがちだから? しかもその状況は続いているみたいです。編集部なり原作サイドで何とかならんのでしょうか?
 3月発売予定の8巻の作業をする余裕は有るんですかね? ただでさえ目立った加筆修正は殆ど無いけど(苦笑)。

 さて先月のボルカザンダの顔芸に続き今回は首相の顔芸(笑)。在地球人武装勢力(多分鉄郎達)と機械化人治安維持部隊の大規模な武力衝突が発生したと。
 爆撃機掃討作戦の表向きの目的は鉄郎達でしょうが、首相の慌て具合からしてついでに生身の人間も纏めて焼き払うつもりなのでは。…そして偉そうな事言っておきながら自分だけ逃げる卑怯な首相。静香が居なくなった事にも今頃気づくのか。

 場所は変わって台羽研究所。前回怪我した筈なのに何時の間にか治ってる台羽の顔(笑)。(腕は流石に包帯巻いたまま)
 しおらしそうな静香を見つめるゼロの瞳が冷たいのは薄々彼女の正体に気づいているから?
ゼロの目が冷たい 
 静香のこの言葉は本心なんですかね? 彼女の正体を知らぬまま台羽は静香を連れて逃げようとします。
 本心かどうかはさておき静香の瞳が台羽にすがるかの様。徐々に静香は台羽に惹かれて行ってるのでは。
これは本心か?
 だがそこに爆撃機の襲撃が!! 今度こそ絶体絶命か??

 ハーロックが零次元無限電磁バリヤーを無理矢理突破してでも、地球に向かうのはこの事を予期してたからですかね? 爆撃機の掃討作戦まで行ってしまうと台羽や鉄郎の手に負える事態では無いですからね。
 縮小すると判り難いけどこのコマが一寸雑に見えたのは印刷のせいでしょうか? 嶋星先生の苦心の跡が見える様な…。
荒く見える様な…?
 ここだけ見ると勇ましく突破する様に見えるハーロックですが…。
勇ましく見えるが…
 ミーメがハーロックを引き留める辺り実は考え無に突破しようとしてたのでは? ̄▽ ̄;
ミーメに止められる
 黙ってダークマター制御に向かうミーメ。次元航海には貴重なハロミメで大変美味しいのですが、何か2人の表情が悲しげなのが気になります。 
何故か悲しそう
 キリタにドヤ顔でこんな事言えるなら悲しげな表情する必要有るんですかね?
 ハーロックがミーメを信頼している感が有ってそれはそれで嬉しいんですけども。
ハロミメは尊い
 考え無に突破しようとしてミーメに咎められるの図(笑)。
カッコつけて忘れてやがったよ(笑)
 真面目に解釈すればミーメが必殺の切り札と知った上で強行突破するなら、2人の間にこんなアイコンタクトが有って然るべきでは。
以心伝心なら未だしもね
 この後でこれ持って来るなら「ハロミメは尊い」で済ませられるのに(笑)。
ハロミメは尊い
 …と最初思ったんですが、実は「ミーメがダークマター制御するのは非常に体力を消耗し、下手したら命に関わる位負担がかかるので、本当のいざと言う時にしか使えない→ミーメが心配」と解釈すれば2人の悲しげな表情も納得行く?(笑)
もしかして心配してた?(笑)
 トチローと一体化しダークマターを放ったミーメの目が遂に開いたよ!! 「普段は目を閉じてるけど本気出した時に目を開ける」ってパターンっすか。
遂に目が開いた!!
 んでやはり想像通りラム戦でしたな。
やはりラム戦か!!
 ミーメの目からビームが出るかと思った(笑)。
目からビーム(笑)
 まるで正面突破してキリタの艦を撃沈する勢いですが、見事にスルーしてアルカディア号は地球に向かいます。
まるで正面突破
 急げ!! アルカディア号!! 爆撃機を鎮圧出来るのは君だけだ!!

ブリスベンIV(最終回)~総括(グルメ要素多目)~
【2018/01/20 20:11】 海外旅行
 今回はカンタス航空&シドニー経由で行ったんですが、いや~シドニー空港広い広い!! 国際線ターミナルと国内線ターミナルがかなり離れている上に、連絡バスがそんなに頻繁に走ってる訳でも無いので、乗り継ぎに1時間でもかなりきつい。
 往きは割と余裕有ったんですが帰りは厳しかったんで、ブリスベン空港に早目に行って1本前の便に変えて貰いました。

 初回(2007年8月)も行きはシドニー経由だったんですが、長蛇の列で乗継に異常に時間がかかり、入国手続する頃には出発時間が迫ってましてね。んで空港スタッフに相談したら1時間後でも間に合わないって事で2時間後の便になったと。
 その辺は臨機応変らしくどちらも結構あっさり手続きが済みましたね。

 今はターミナル間の乗継を除けばシドニー空港の出入国手続きは大分簡素化されてます。
 入国審査前にe-Passport認証・発券機(Kiosk)で手続きする時も日本語対応だし。
日本語対応
 急いでたのでピントが合ってませんが手続きが終わるとこんなチケットが出て来ます。
こんな券が出て来る
 後、詳しくは上のリンク先、ブリスベン空港から街中へのアクセスは以前書いた記事を見て戴くとして、今回はダンナの弟子が同行した事が最大の違いでした。

 今年のベルリンVも別の弟子が同行する可能性が有るんですよね。しかも実現するとこちらはアムステルダムからベルリン入りする為、本人はテーゲル空港まで自分独りで行かねばならないと言う問題が…。
 どちらの弟子も英語がサッパリで初の海外、しかも大人しい性格だし難易度が更に上がるぞ…大丈夫か?

 帰りのブリスベン空港ラウンジで乾杯~♪
ラウンジで乾杯
 このトルティーヤチップスに肉類を入れてチーズかけて焼いた料理が中々美味しかったんで、我が家ではドリトスのチーズ味を使って似た様な物を作ってます。
このメニューは時々やってる
 ブリスベン~シドニー便の機内サービスで何故か『この世界の片隅に』が…。しかしフライト時間1時間40分で2時間9分の映画は絶対最後まで観られないのだった ̄▽ ̄; 
 国際便でもやると思ったら既にサービス終了してました。(2017年3月にJAL・ANA両方の国際便でやってたんでその頃カンタスでも観られたのでは??)
絶対最後まで観られない片隅…
 後、今回カンタス空港の機内食は深夜便と言う事も有り何かビミョーでした-Д-; 往きの朝食に出たパンケーキは良く解らん味でしたし。
味はビミョー
 帰りの夕食の「鮭の胡麻醤油ソース グリーンピースと白飯を添えて」。名前は洒落てるけど味はイマイチ。
名前はお洒落なんだが…
 「アジア風コールスローとチキンのサラダ ココナツと胡麻のドレッシングかけ」も何だかな~。
こちらもう~ん…
 注文しなかった「カボチャのトルティリーニ ローストしたカボチャとほうれん草にリコッタとパルメザンチーズを添えて」も推して知るべし??

 やはりパンケーキ屋のステーキには敵わなかったか(笑)。
ステーキ再び

分厚い
 市庁舎の妖しいディナーも味は良かったです。正確には2種類有って交互にサーブして行くので実際にはもう一寸出て来てます。
市庁舎ディナー

ディナー2

ディナー3
 デザート。グルメ関係は殆ど取り上げてなかったんで漸く出せました。
デザート 
 まあブリスベンはまた行く機会が有るでしょうし、交通関係は既に散々語っていたんで総括もへったくれも有りませんな(笑)。

 …本当は土産を重点的に取り上げるつもりでしたが、長くなったのと鳥ばっかりなので(笑)、「鳥関係」で改めて紹介する事にして、いい加減ブリスベンIVは終わりにさせて戴きます。
 
 次回からはポーランドIVですが、日本人は殆ど行かないと思われる地方都市の発展ぶりに驚愕したりで、結構新たなネタが有ったと言う…(笑)^^;

スパム対策
【2018/01/18 13:08】 お知らせ
 ここ数か月海外からのスパムが非常~~に!!鬱陶しく、しかもホストやキーワードがバラバラでキリが無いので、特にスパムの多い記事はコメント不可にしました。

 以前は不可(受け付けない)に設定するとそれまでのコメントも全部非表示になる為、投稿済コメントを別途コピペして記事に追加する必要が有りましたが、何時の間にか「受け付けない (コメント表示)」が選択可能になっていたので、投稿済のコメント自体は普通に読めます。

 もし「該当記事にコメントしたいのに出来ない」と言う方がいらっしゃいましたら、お手数ですが最新記事辺りにその旨断った上でコメント戴けると助かります。

自給自足結婚祝い2018
【2018/01/16 01:44】 ハーロック@松本零士
 今年の結婚記念日は節目の年なので2枚描きました。
 1枚目は一寸アダルティ~に(笑)。ミーメの乳鷲掴み(笑)。
自給自足結婚祝2018-1
 原案の変遷。真中で一度下描きしたらハーロックの頭がでか過ぎたので描き直し^^;
1枚目の変遷
 3枚目(一番右)をトレスした物。ペン入れでは無く鉛筆描きにしたのだが言わないと判らんね^^;
鷲掴み(笑)
 2枚目は『保安官エヴァンスの嘘』の2巻表紙を元ネタにしてハロミメに置き換えるつもりが…。 
2つ目の元ネタ
 縄は違うよな~と思い直し銃に変更した後、アレコレ思案した様子。
2枚目の変遷
 んで一寸前までは4枚目と3枚目を合わせた感じで描くつもりだったんですが、妙に若々しくて「この2人こんなポーズするか?」、「ミーメがハーロックの前にしゃしゃり出るだろうか?+ハーロックの左脚が隠れがち」…と言う理由で、結局5枚目のラフが元になりました。
線画+ベタ
 何故ならハーロック愛再燃後、初めて描いたカラー絵をふと思い出したんですよ。
 「戦いの時もミーメなら安心して背後を任せられる」って感じでテーマは「信頼」と。
2枚目の隠れた元ネタ
 2枚目完成版。流石に銃持ったまま手を握らせる事は無理でした(笑)。
自給自足結婚祝2018-2
 ただ本来描こうとしたVer.も「動きが有る」と言う意味では捨て難いので、何処かでお目見えするかも知れませんね。

 因みに2枚目のヒントになったエヴァンスは面白いぞ。モテる為に保安官になったエヴァンスと、女賞金稼ぎのオークレイとの不器用な恋模様が痛快。
 2巻の表紙見ると「お前等付き合ってんだろ?」と思うけど、実は互いに「相手がその気ならまんざらでもない」と思いつつ、どちらも自分からはアプローチ出来てない。絵柄が垢抜けないけどサンデーの連載作品で一番楽しみだ。





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB