のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ブリスベンIV(1)~ローンパイン~
【2017/09/30 21:16】 生物全般
 交通機関の変化は比較に一寸時間がかかりそう(昔の資料を引っ張り出したり)だし先にこちらをやります。
 通常海外旅行記は『海外旅行』カテゴリですが、動物系は『生物全般』か『鳥関係』がデフォルトなので、纏めて読みたい方は『ブリスベンIV』で検索推奨

 ロリキート(ゴッシー)の餌付けは9:45の部に何とか間に合う…筈が、バスが途中のバス停手前でバックミラーを街路樹にぶつけ見事にぶっ壊し、以降の運行が不能になった為代行バスが来るまで10数分停まる羽目に-Д-; 
 おかげで以後のバス代は無料になったけど到着時点で既に始まってる!!…と焦りましたが、正門から左に真っ直ぐ行けば良いので途中から観る事が出来ました。カランビンに比べると結構小ぢんまりしているローンパイン。
間に合った…
 リアル仲間を見れて感慨に耽るゴッシー。
堪能するゴッシー
 …おい(笑)。ここのヤブツカツクリは面白いけど、まさかカランビンでも体験出来るとは(後日紹介)。
 念の為言っておきますがどちらも野生個体です。ゴッシーは餌付けしてるけどヤブツカツクリは勝手に住み着いてるだけです(笑)。
…おい(笑)
 シープドッグショー会場周辺は何時行ってもヨコフリオウギビタキが居ますなぁ。
 初めて行った時(2007年8月下旬)は結構街中でも見かけたんですが、どうも8月上旬は郊外に居る事が多い様で、この時期に確実に見られるポイントはここしか知りません ̄▽ ̄;
ヨコフリちゃん
 ズグロトサカゲリはここ以外でも見かけたんですけどね。
トサカゲリ
 尚、この鳥は繁殖期には滅茶苦茶攻撃的で、巣や雛に近付くとマジで襲って来るんでこの様な注意書きが…。
マジで襲って来るぞ!!
 ここで猛禽ショー見たのは初めて。(練習中は見た事が有る)
 ネズミを食べてるシーンも撮ったけど何気にグロイから割愛^^;
猛禽類ショー
 メンフクロウは可愛いぞ。
メンフクロウ可愛い
 今回は野生のわらわらさんを見る機会無。ここには2羽居ましたが1羽は体調がイマイチなのか殆ど目を瞑ってました。
寝てるわら…
 眠いわら…。
眠いわら
 寝てると言えばディンゴもスヤスヤ…。
寝てます~
 タスマニアデビルの寝顔も可愛い。
寝りゅんぐり
 何時も寝ているコアラは割愛しますが、フードコートの記念写真にイモトが…(笑)。
イモト(笑)
 エミューさんがご飯を食べようとしたら…。
エミューさんがご飯を食べようとすると
 あ(笑)。
あら失敬
 しかも背中をテーブルにしてるし(笑)。
しかもテーブルにしてるし
 更に零したりと好き勝手やっとります。
そして零すし
 ゴッシーが代わりに注意…してるのか??(笑)
駄目ですよ(笑)
 でも平然としているエミューさん。流石オーストラリアの国鳥です。
流石国鳥だ
 何故か縫いぐるみの方はこんな感じでしたけど^^;
エミューさんぐったり^^;
 フィッシュ・アンド・チップスは揚げたてで美味し。
美味し
 だが油断してはいけない。奴が…奴が狙ってる(笑)。
油断するな!!(笑)
 …と、中々愉快なローンパインで有りました(笑)。土産関係は未だ写真撮ってないので後日改めて。

ブリスベンIV予告
【2017/09/28 19:00】 海外旅行
 大まかな内容は『外貨両替ドルユーロ』参照。
 前回のブリスベンIIIは6回位で終わらせてるのでそれ位で済ませたいですが如何な物か?^^;

 つい先日までポーランドに行ってた身としては記憶を引っ張り出さないといけないので、取り敢えずザッと思い付いたネタを列挙しておきます。実際の内容や順番は変更する可能性大です。
ワクワクゴッシー
 The Loop(無料バス)の変遷
The Loop 50番
 ・ローンパインとカランビンその後
 主にカランビンの方になりそう。2年前に行った時はこんな物無かったのに…(笑)^^;
月に替わって…(笑)
 ・延長工事中の路線+鉄道関係
 ゴールドコースト内のトラム・Gリンクが延伸する様です。 (ゴールドコーストは行った事無い)
延伸工事中
 ・ローマストリート・パークランド
 ガンジーさん以外にもモニュメントが有ったりして。
ローマストリート・パークランド 
 ・アンザック広場
 ここも意味深な銅像がチラホラ…。
アンザック広場
 ・ブリスベン市庁舎の中
 妖しい宴会場(笑)以外の所も紹介します。
市庁舎の中
 ・クイーンズランド博物館
 以前はアボリジニ関連の展示コーナーだった所が剥製ライブラリーにリニューアル。
 ただ相当数の剥製が有るのにゴクラクインコは非公開のままかよ… ̄З ̄;
リニューアル箇所
 旅行記自体は年内には終わらせたい(目標10月中)ですが、延々保留中の『オーストラリアの鳥』は何時になったら出来るのやら^^; 

ポーランドより帰国してます
【2017/09/26 20:58】 海外旅行
 24日に予定通り帰国しました。これで今年の海外遠征終了+年が明けたらパスポートの更新ですな。

 さて『ポーランドなう2017』(2)で大まかな報告はしましたが、ブリスベンIVの後になる為もう少し詳細な予告をしておきます。

 『ぼっちゃんの国』で紹介したローカルTVの映像や、空港線W-wa Zahodnia駅の変な看板は無くなってました。
 がら~んとした至ってフツーのホーム…。
何かフツー
 ただワルシャワ旧市街の土産物店には結構ぼっちゃんの土産が有りますね。
旧市街の木彫りのぼっちゃん
 ポーランドは何気に木彫りの鳥土産多し。
何気に鳥度高い
 ワルシャワのトラムは殆どこの様な新型車両に入れ替わってて、旧型は偶にしか見かけなかったので写真撮りそびれました^^;
トラムは殆ど新型に入れ替わり
 地下鉄2号線初乗り。南北を走る1号線(青い路線)と比べると未だ延伸中の路線ですが、壁が派手と思ったら実は駅名をデザイン風に描いていると言う。
地下鉄2号線の派手な壁
 ワルシャワ~ビャウィストク間は昔ながらの車両、しかも3両編成しか有りませんでしたが…。
行きは昔ながらの車両
 帰りは新幹線でした!! これで往復全く同じ料金と言うのはいささか不公平な気も^^;
帰りは新幹線
 ワルシャワに戻って来てから、進化博物館のついでに寄ろうとした技術博物館が潰れてました ̄▽ ̄;
 …が、パッと見は開いてる様に思えたし割と最近閉館したのでは? (別の博物館リニューアルに因る統廃合の影響らしい)
潰れた博物館
 博物館と言えばエリマキシギの狂気のラインナップを誇る、ビャウィストク大自然センターが凄過ぎて(何しろヨーロッパの生物は全て地元産)、ワルシャワの進化博物館がショボく感じましたねぇ…。
全部地元産
 ポーランドも案外古生物の宝庫らしいのですが、イギリスやドイツに比べると未だ未だと言う感じ。
 それでもビャウィストク大の方は大学なだけ有って、最新の研究に基づいて展示している印象。恐竜全身骨格の様な派手な展示は有りませんが、エリマキシギが派手だから相殺(笑)^^;
恐竜の全身骨格は無いけどね
 対する進化博物館は社会主義時代の旧態依然とした展示のままだから古臭いんですよね。
 ステゴサウルスの模型もなぁ…「恐竜が尻尾引きずってた頃の科学考証」のままですもん ̄▽ ̄;
尻尾引きずってた頃の模型
 そもそも「怪しい」文化科学宮殿自体、近くで見るとかなり前時代的で何だかなーなデザインですからねぇ…。
そもそも場所自体古臭い
 ヨーロッパには昔ながらの建物も良く在りますが、例えばミュンヘン市庁舎みたいに「素晴らしい…´▽`」みたいな印象無いんですよ。本当周囲から浮いてます。流石ソ連に押しつけられた建物なだけ有りますな。
 近くのショッピングセンターの方が余程素晴らしいわ。
夜のショッピングセンター
 そうそう。前回潰れたと思っていた店がリニューアル復活してました!!>▽</
 事前に別の店をチェックしてたんですが、この店が復活したとなれば行くしか有りません。
復活!!
 良かった良かった。これで次回が有っても大丈夫っすね(笑)。
自家製ビール
 取り敢えずパッと思い付いたネタはこんな所でしょうか。

ポーランドなう2017(2)
【2017/09/23 16:05】 海外旅行
 *レスが溜まってますがゆっくり返事したいので帰国するまでお待ち願います。

 現在ワルシャワのホテル内で、いよいよこれから帰国開始します。
 ヴロツワフを除いて3度目のポーランドでしたが、2年経つと色々変わって来ている所多くて結構ネタが尽きない物ですね(笑)^^;

 ワルシャワ中央駅コンコースが綺麗になってたり。
ワルシャワ中央駅
 進化博物館は思った以上にショボかったり。
ショボイ進化博物館
 ビャウィストクにもでかいショッピングセンターが次々に出来てたり。
ビャウィストクのショッピングセンター
 あまり動物の居ないショボイ動物園が在ったり。(無料)
ショボイ動物園
 全然知らない町だか村だかの外れの城で夜遅くまで延々宴会につき合わされたり。
ここは何処?私は誰?
 …と、パッと思いついたネタを抜粋しましたが、先ずブリスベンIVを先にやるべきでしょうね。

 ではでは自宅に着くのは24日の夕方以降ですので無事の帰国を祈っててやって下さい。

戴いた誕生日祝い絵
【2017/09/21 19:05】 ハーロック@松本零士
 今年は自分としては沢山の方から誕生日にお祝いのお言葉を戴きましたが、二代目以外からも絵を下さった方が居るので紹介します(掲載許可済)。

 先ずはWatsukeさんから。iPhoneトレースとは言え小ネタが随所に有って楽しいぞ♪
元ネタはアニメディア表紙
 昔のアニメディア表紙を上げて二代目と話してたら、それを元にハロミメ仕様にして下さいましたとさ(笑)。
アニメディア表紙
 次にメガネの怪人さんの描かれたミーメ。WacomのBAMBOO Slateと言う、専用ペンで液晶に描いた物をそのまま取り込めるデバイスで描かれた物だとか。
怪人さんのミーメ
 そんでもって…ぽちゃさんからは去年と今年2回戴いたので、ハロミメ部分のみ抜粋して紹介します。
 先ずは去年の物から。詳細はこちらを御覧下さい。
 詳細版の「宇宙海賊とフランクリンが入れ替わった」ネタも面白いのですが、シヌノラ化したミーメが脱ぎ出すと鼻血を出すハーロック…(笑)。
ぽちゃさんガンフロネタ
 そんでもってこちらは今年の分!! 「珍種の生命体」は酷いよねぇ…。そこに有無を言わさないハーロックの「妻」発言が素晴らし過ぎる…Vv→詳細版
妻発言が素晴らしい
 因みに依然考えたネタで「ハロミメの娘がジュラ星人の血筋と知ったならず者に攫われるんですが、親が助けに行く前に娘独りでやっつけてしまっていて、我が子ながら末恐ろしい…とビビった」なんつー話が有ります(笑)。

 ぽちゃさんのネタがあまりにもツボだったのでつい弄ってしまいました(笑)^^; 最初クリスタで描いてたら下描きがガタガタになって、挫折しそうになったんでコミスタにしたら随分楽に描けました´▽` やはり慣れた方で描く方が良いですな。
ミーメの反応は最初のネタ
 ミーメのリアクションは真面目な物も考えたけど、銃をどう持ってるかがハーロックのマントに隠れて判り難いんで、最初に思い付いたネタにさせて戴きましたとさ!!(笑)

 ぽちゃさんの絵ではハーロックが左手に重力サーベル持ってたんで、「はて?右で持って無かったっけ?」と思い、右手に持ち替えて描いてたんですが、アニメを見る限り「どちらも有り」みたいですね。
 34話『銀河子守唄』では右:コスモドラグーン、左:重力サーベルですが…。
右手コスモドラグーン

左手重力サーベル
 29話『虹の星の死闘』では重力サーベルをどちらの手でも撃ってるし。
左重力サーベル

でも右でも撃つ
 つまり左でも右でも正しいと言う事です。
 …なのですずさんも左手で絵を描いても良いんですよ?(←『この世界の片隅に』ネタ(笑))

 …と言う事で描いて下さった皆様、改めて有難うございましたm(_ _)m

ポーランドなう2017
【2017/09/20 08:27】 海外旅行
 差し当たって今回のネタ抜粋。

 鉄道博物館(ワルシャワ)のSL行列は圧巻。但し全体的に保存状態は悪いです。
SLの行列
 一番の目玉と思われる装甲車両。
装甲列車
 ビャウィストク大附属自然センターにおけるエリマキシギの狂気のラインナップ(抜粋)。雄だけで50~60羽は居たのでは。しかも全部地元で捕った物らしい。
エリマキシギの狂気のラインナップ
 ポーランドにもオタ雑誌が有ったとは。一般書店なのに置いてる漫画もマニアック過ぎて殆ど解らん^^;
ポーランドのオタ雑誌
 …つい買ってしまった^^;
つい買ってしまった
 ポーランド版新幹線?
ポーランド版新幹線?
 あの素晴らしい朝食をもう一度(笑)。
例の朝食
 詳細は帰国後にします…が、ブリスベンIVが先でしょうね。

ブリスベンで見た意外な人物
【2017/09/19 02:18】 海外旅行
 これがUPされる頃はビャウィストクに着いている…予定。

 北朝鮮が相変わらず挑発行為を行うので、正直一刻も早くカリアゲ君には亡き者になって欲しいですな。
 とは言え下手に挑発に乗ると日本と韓国、場合に因ってはアメリカまで巻き込む事になり、最悪人類滅亡まで行きかねないので戦争はダメ、絶対。

 しかしあのカリアゲ君が対話に応じるとは思えないし、制裁措置をしても緩和しても核開発は止めないでしょう。何とか最小限の被害に留めてあいつの寝首を掻く手段は無い物か…。

 とか悩む今日この頃ですが、ふと先日のブリスベンのローマ・ストリートパークで見たこの像を思い出しましたよ…。
突然ガンジーさん
 何故ブリスベンにガンジーの像が有るんでしょう?? 今調べてる余裕は無いので正規の旅行記を書く時の課題になりそうです。
非暴力・不服従で平和は保たれるか?
 数々の名言を遺されたガンジーさんですが、今一度彼の名言を読み返せばカリアゲ君との対話のヒントになるんでしょうかね?

 或いは内乱を鎮めたコロンビア大統領・フアン・マヌエル・サントス氏に指示を仰ぐとか…?

 どうにかあのキ○ガイを刺激させずに事態が収束します様に。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB