のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランドなう2017(2)
【2017/09/23 16:05】 海外旅行
 *レスが溜まってますがゆっくり返事したいので帰国するまでお待ち願います。

 現在ワルシャワのホテル内で、いよいよこれから帰国開始します。
 ヴロツワフを除いて3度目のポーランドでしたが、2年経つと色々変わって来ている所多くて結構ネタが尽きない物ですね(笑)^^;

 ワルシャワ中央駅コンコースが綺麗になってたり。
ワルシャワ中央駅
 進化博物館は思った以上にショボかったり。
ショボイ進化博物館
 ビャウィストクにもでかいショッピングセンターが次々に出来てたり。
ビャウィストクのショッピングセンター
 あまり動物の居ないショボイ動物園が在ったり。(無料)
ショボイ動物園
 全然知らない町だか村だかの外れの城で夜遅くまで延々宴会につき合わされたり。
ここは何処?私は誰?
 …と、パッと思いついたネタを抜粋しましたが、先ずブリスベンIVを先にやるべきでしょうね。

 ではでは自宅に着くのは24日の夕方以降ですので無事の帰国を祈っててやって下さい。

戴いた誕生日祝い絵
【2017/09/21 19:05】 ハーロック@松本零士
 今年は自分としては沢山の方から誕生日にお祝いのお言葉を戴きましたが、二代目以外からも絵を下さった方が居るので紹介します(掲載許可済)。

 先ずはWatsukeさんから。iPhoneトレースとは言え小ネタが随所に有って楽しいぞ♪
元ネタはアニメディア表紙
 昔のアニメディア表紙を上げて二代目と話してたら、それを元にハロミメ仕様にして下さいましたとさ(笑)。
アニメディア表紙
 次にメガネの怪人さんの描かれたミーメ。WacomのBAMBOO Slateと言う、専用ペンで液晶に描いた物をそのまま取り込めるデバイスで描かれた物だとか。
怪人さんのミーメ
 そんでもって…ぽちゃさんからは去年と今年2回戴いたので、ハロミメ部分のみ抜粋して紹介します。
 先ずは去年の物から。詳細はこちらを御覧下さい。
 詳細版の「宇宙海賊とフランクリンが入れ替わった」ネタも面白いのですが、シヌノラ化したミーメが脱ぎ出すと鼻血を出すハーロック…(笑)。
ぽちゃさんガンフロネタ
 そんでもってこちらは今年の分!! 「珍種の生命体」は酷いよねぇ…。そこに有無を言わさないハーロックの「妻」発言が素晴らし過ぎる…Vv→詳細版
妻発言が素晴らしい
 因みに依然考えたネタで「ハロミメの娘がジュラ星人の血筋と知ったならず者に攫われるんですが、親が助けに行く前に娘独りでやっつけてしまっていて、我が子ながら末恐ろしい…とビビった」なんつー話が有ります(笑)。

 ぽちゃさんのネタがあまりにもツボだったのでつい弄ってしまいました(笑)^^; 最初クリスタで描いてたら下描きがガタガタになって、挫折しそうになったんでコミスタにしたら随分楽に描けました´▽` やはり慣れた方で描く方が良いですな。
ミーメの反応は最初のネタ
 ミーメのリアクションは真面目な物も考えたけど、銃をどう持ってるかがハーロックのマントに隠れて判り難いんで、最初に思い付いたネタにさせて戴きましたとさ!!(笑)

 ぽちゃさんの絵ではハーロックが左手に重力サーベル持ってたんで、「はて?右で持って無かったっけ?」と思い、右手に持ち替えて描いてたんですが、アニメを見る限り「どちらも有り」みたいですね。
 34話『銀河子守唄』では右:コスモドラグーン、左:重力サーベルですが…。
右手コスモドラグーン

左手重力サーベル
 29話『虹の星の死闘』では重力サーベルをどちらの手でも撃ってるし。
左重力サーベル

でも右でも撃つ
 つまり左でも右でも正しいと言う事です。
 …なのですずさんも左手で絵を描いても良いんですよ?(←『この世界の片隅に』ネタ(笑))

 …と言う事で描いて下さった皆様、改めて有難うございましたm(_ _)m

ポーランドなう2017
【2017/09/20 08:27】 海外旅行
 差し当たって今回のネタ抜粋。

 鉄道博物館(ワルシャワ)のSL行列は圧巻。但し全体的に保存状態は悪いです。
SLの行列
 一番の目玉と思われる装甲車両。
装甲列車
 ビャウィストク大附属自然センターにおけるエリマキシギの狂気のラインナップ(抜粋)。雄だけで50~60羽は居たのでは。しかも全部地元で捕った物らしい。
エリマキシギの狂気のラインナップ
 ポーランドにもオタ雑誌が有ったとは。一般書店なのに置いてる漫画もマニアック過ぎて殆ど解らん^^;
ポーランドのオタ雑誌
 …つい買ってしまった^^;
つい買ってしまった
 ポーランド版新幹線?
ポーランド版新幹線?
 あの素晴らしい朝食をもう一度(笑)。
例の朝食
 詳細は帰国後にします…が、ブリスベンIVが先でしょうね。

ブリスベンで見た意外な人物
【2017/09/19 02:18】 海外旅行
 これがUPされる頃はビャウィストクに着いている…予定。

 北朝鮮が相変わらず挑発行為を行うので、正直一刻も早くカリアゲ君には亡き者になって欲しいですな。
 とは言え下手に挑発に乗ると日本と韓国、場合に因ってはアメリカまで巻き込む事になり、最悪人類滅亡まで行きかねないので戦争はダメ、絶対。

 しかしあのカリアゲ君が対話に応じるとは思えないし、制裁措置をしても緩和しても核開発は止めないでしょう。何とか最小限の被害に留めてあいつの寝首を掻く手段は無い物か…。

 とか悩む今日この頃ですが、ふと先日のブリスベンのローマ・ストリートパークで見たこの像を思い出しましたよ…。
突然ガンジーさん
 何故ブリスベンにガンジーの像が有るんでしょう?? 今調べてる余裕は無いので正規の旅行記を書く時の課題になりそうです。
非暴力・不服従で平和は保たれるか?
 数々の名言を遺されたガンジーさんですが、今一度彼の名言を読み返せばカリアゲ君との対話のヒントになるんでしょうかね?

 或いは内乱を鎮めたコロンビア大統領・フアン・マヌエル・サントス氏に指示を仰ぐとか…?

 どうにかあのキ○ガイを刺激させずに事態が収束します様に。

ポーランドに行って来ます…が…
【2017/09/16 15:02】 海外旅行
 今夜は一旦ダンナの実家に泊まって明日早朝福岡空港からヘルシンキ直行便に乗る事になってますが…最大の問題は北朝鮮台風18号!!
 先週の今頃は週末は良い天気で楽勝~の予報だったのに、思いっ切り出発時刻に重なる可能性が高いと言う…。

 これまで台風で欠航になったり別の空港に飛ばされた経験は有りませんし(ダンナは有る)、直撃と言われても殆ど大した事が無かったのですが、今度はどうなるか判りません。

 流石に渡航中止にはならないとは思いますが、予定が大幅に狂うかも知れないので、心有る方は無事に飛行機が飛ぶ事を祈っててやって下さい。

 一応無事に行けた場合の日程を上げておきます。

9/17   福岡~ヘルシンキ~ワルシャワ→ワルシャワ泊

9/18   朝~14時頃までワルシャワ観光
         鉄道博物館←New!!
         旧市街
      午後からビャウィストクへ移動
9/19~21   ビャウィストク

         ビャウィストク大付属ネイチャーセンター←New!! 
         ショッピングセンター訪問?

9/22    朝ワルシャワに移動→ワルシャワ泊
         進化博物館←NeW!!

9/23    帰国開始

9/24    帰国→ダンナの実家→帰宅          
    
 前回(2015年)よりはやや長めの日程でビャウィストクで丸3日以上滞在する為、どうやって時間を潰そうか少々思案する所です。
 ただGoogle Mapの情報が以前に比べると格段に増えてまして、地図を自作していたら芋蔓式に店が見つかったりするんで、予想以上に資料が増えてしまいました ̄▽ ̄;

 んでこれまでスルーして来た路線バスを初めて利用しようと画策してます。多分このバス停 (Plac NZS)を一番使う事になるかと。
 尚、他国でもしばしば有りますが「上りと下りでバス停名が違ったり」「複数の名称が有ったりする」ので要注意。
最寄りのバス停
 ワルシャワの公共交通なら「日本語の」ノウハウも有るし路線図も見つかるのですが、ビャウィストクの場合は公式サイトがほぼポーランド語のみなだけでなく、マトモな路線図が無いのが困ったもんでして-Д-;

 路線番号や時刻表は有るんですけど、こんな大雑把な路線図…外国人に解るか!!(ノ# ̄□)ノ
判り難い路線図
 一応路線番号を指定したらルートが出る頁も出て来ましたが、路線毎に色分けしてない為(殆どが青い色)、複数指定すると何が何やら意味不明になるので使えません-Д-;

 それと「3日券」を買えば滞在中は何とかなると思ってたら、正しくは3日間週末券」…つまり金・土・日の連続3日間のみ有効だった事が発覚した為、一日乗車券を毎日買わないといけない様です。
 …と、結構難易度が高いビャウィストクのバス路線… ̄▽ ̄; こりゃ徒歩で済ませる日も出て来そうですな。

 この2年の間にショッピングセンターが幾つも出来たりと、買い物はそこそこ便利になって来ているみたいですがね。カントル(両替所)は多いけど外国人には敷居の高い街だ…-Д-; それなのに何故3回も行く事になるんだろう^^;

 …そうだ!! ホテルのフロントスタッフは英語が通じるから、英語で「バスの切符はどうやって買えば良いんですか?」と聞けば良いのだ!!

 さて本当にビャウィストクのバスに乗れるのか? それ以前に飛行機は飛ぶのか?? 色々不安要素を抱えつつ行って来ます(予定)。

 まあとにかく台風来るなぁぁぁぁぁぁ!!(ノ# ̄□)ノ


【9/17補記(日本時間14:50現在)】
 現在イルクーツクを過ぎた辺り。
 何とか台風を回避して予定通りヘルシンキに向ってます。御安心ください。


この世界の片隅に原画展&BD
【2017/09/14 21:45】 アニメ・漫画感想
 大丸福岡天神店のエスカレーターに有る原画展告知。他の広告と切り替わりで1回に付き10秒程度しか出ない上に、エスカレーターが動くんで撮るのは一寸大変 ̄▽ ̄;
エスカレーターの告知
 明後日からポーランドなのに色んな用事が重なってマジヤバイ。
 その1つが『この世界の片隅に』だったりしますが、円盤の発売は事前に判っていたから良いとしても、この時期に福岡で原画展とかチョーヤバイ。

 …でも昨日行って来ました(爆)。
 予定よりも1時間早い便に乗れて開店前に到着出来たんで、一番乗りとまでは行かずとも一桁台位で入場出来ました。
原画展入口
 今確認したら「9/16・17に各日先着100名さまにモノクロ複製原画のプレゼント」とか、「9/24にこうの先生サイン会」とか追加されてますね…。
 尤も事前に知ってたとしてもポーランドが有るから行けませんでしたが ̄▽ ̄;
 ここは撮影可能だけど中は当然撮影不可。まあ入った時は2~3人位しか客が居なかったんで隙を見て撮れた…かも(笑)^^;
ここは撮影可能
 原画のラインナップはタワレコと同じと思いますが、『冬の記憶』は全頁有ったのに『大潮の頃』以降は抜粋ですね。この辺全頁展示された呉の原画展には流石に敵いません^^;

 それよりも不思議だったのはフキダシ内の台詞(写植部分)が、水色鉛筆で書いて有ったり鉛筆だったりする上に、鉛筆で書いておきながら態々後で消してる頁が散見される事。
 「左手で描いた絵」の見開きはトレーシングペーパーに台詞を書いて有ったから、消した部分も本来はそうなんだろうと言う事は推測されます。
 でも水色鉛筆と鉛筆が混在したり、鉛筆部分を消して水色部分の台詞(と言うか単語)だけ残ってたりするのが謎。

 ベタは生憎あまり綺麗とは思えませんでした ̄▽ ̄; 結構ムラが有ります。その代りカケアミの描き込みが半端無くて、普通に線で描くより遥かに手間かかってるんではないかと。全部アナログ且つ独りでこれだけ描くとは只者では有りません。
 特に中巻P.116~117の見開きがめっちゃ美しい…´▽`
 他のこうの作品でも背景の美しさに感心した物ですが、こうの先生は人物よりも背景の方が上手い(画力的な意味で)方ではないでしょうか。(人物に関しては以前の作品の方が線が綺麗、片隅は正直一寸雑な印象 *左手作画は除く)

 会場の配置については上巻ブースのすぐ裏が下巻で、中巻は斜め向かいの離れに有る為、最初間違えかけましたよ ̄▽ ̄; スペースの都合も有ったんでしょうが動線はもう一寸考えて欲しかったですねぇ。
 でも『しあはせの手紙』の原画が一旦P.149で止まってて、角を曲がると例の見開き、また角を曲がると最終頁と言うレイアウトは、一気に観るよりも一拍置く事で感動が増す様には思いました。

 物販コーナーの寄せ書きは初日の始まったばかりと言う事も有り未だ殆ど書かれていません。
寄せ書きコーナー
 絵はスタッフが描かれた波のうさぎのみで後はメッセージが少々。
スタッフ作画
 …なので私が描いたよ…ただでさえ私のすずさんは似ないのに一発描きだからぶっちゃけ恥晒しっすよ^^;
唯にしか見えないすずさん^^;
 こちらは先にノートに描いた方。文章も纏まりが無いし恥晒しその2(核爆)。こんな絵でも「上手い~」と褒めて下さった大丸の店員さん、お世辞が上手いですね(笑)^^;
ノートに描いた方
 戦利品の数々。図録だけはタワレコ開催時に二代目に買って来て貰った物ですが、その時と今回でポストカードが2枚になりました。画像では判りませんが印刷は微妙にタワレコの方が濃くて艶が有ります。まあ差分ですけど。
図録のみ二代目に頼んでいた
 新商品のどんぶりだけでなく、広島の商工会議所?でしか売ってないと言う、海苔とラムネが有ったのは嬉しいサプライズですね。どんぶり2500円に対しラムネが486円と大変良心的な価格になっております。
ラムネと海苔も有ったとは

ラムネ
 或る意味このどんぶりの為に行った様な…(笑)^^;
どんぶり
 買った人は是非ひっくり返してみましょう(笑)。
うま~(笑)
 クリアファイルも裏面が心憎い。
クリアファイル
 特に下巻表紙の裏は一寸泣けるかも?
クリアファイル裏
 書籍は原作本3冊・公式ファンブック・のん写真集・小説の4種だったと思います。アートブックや公式ガイドブックは見当たらず。
 ところでジュンク堂に絵コンテ集が3冊有ったんですが、冊子版は絶版と思ってたんで一寸意外。それとも再版したんすか?

 …と言う事で福岡近郊で片隅に興味の有る方は行ってみて損は有りません。都合がつくなら9/16~17に複製原画を貰うも良し、9/24にこうの先生の御尊顔を拝見するも良し。
 行けない私の分までその辺のレポートは他の方にお任せします ̄▽ ̄;

 話変わって今日(9/14)の9:30前にBD特捜限定版到着。先にスマホで撮ってTwitterに速報で載せたら、私にしては結構反響が…とゆーか片渕監督に見つかってしまいました(笑)。
開封前
 特典とブックレットは未だ全部は観てませんが、公式アートブックやパンフと共通した内容だけでなく初見の物も結構収録されてます。惜しむらくはもっと大きなサイズで見たかった…。(そちらのネタバレは割愛)
開封後
 円盤のケースを開けた所。下の紙の柄がアッパッパ仕様。
円盤の下の柄に注目
 今回収録されてるVer.は「劇場公開版をブラッシュアップした物」であり、追加カットが入ってる訳では有りません。
 噂の「拡張版」も実際着手しているそうですが、りんさん関係を中心に追加するだけかと思ったら、「現行のものとはまた別なもうひとつの映画として完成することになるでしょう。」そうなので、現行版を観た方にも新鮮な気持ちで鑑賞出来るのでは無いでしょうか。

 念の為片渕監督のツイート掲載。
その1 その2 その3 その4 
 本編も実は細々修正が入っているのですが、その辺の検証はよりコアなファンの方にお任せするとして(ゴメン、自分で検証する暇無い)、特典も中々盛り沢山なので私は特装限定版をお勧めしますね。

  

マンチェスター(11)~メトロリンク2~
【2017/09/13 10:46】 海外旅行
 *路線図
  Eラインの東の終点Ashton-under-Lyneの1つ手前、Ashton West辺りは並走する道路沿いにスポーツや楽器を演奏する人の像が設置されてます。
スポーツをする人の像が点在
 流石に極一部しか撮れませんでしたが数100m置きに10体近く在った様な。
別の像
 そしてAshton-under-Lyneの周辺はIKEAを始めでかいショッピングセンターの宝庫なので、この辺に住んでる人は買い物に困らないでしょうね。
ショッピングセンターが豊富

電停越しにショッピングセンター
 同名の鉄道駅はここから一寸奥まった所に在るし、大通りに面した電停の方が便利だと思います。
遠くで列車が見えたがこれまた遠い
 今度はここからBラインで西の終点Altrincham(Aラインの終点でも有る)に向かいますが、途中のEtihad Campusで乗り換えます。Bラインの起点がここと言う事も一因ですが、マンチェスター・シティの本拠地の最寄駅でも有るのです。
 但し手前のVeloparkを出ると道路の下を潜る為、トンネルに入るので壁に阻まれてホームからはスタジアムは良く見えません。
ホームから一寸離れてる
 向かって右手にスタジアムが在る筈なんですけどね。まあとにかくAltrinchamまで行きましょう。
しかも手前はトンネル
 ピカデリー駅は通過しただけ。更にCornbrookまでは先程乗って来たD・Eラインと共用なので車窓は省略します。
ピカデリー駅
 A・Bラインの西側はトラフォード地区を有し、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地を通ります。要はBラインに乗ると2つのサッカーチームの最寄駅を通る訳です。
 双方のゲーム開催日はサポーター陣が殺到するのでメトロリンクが遅れるのは日常茶飯事とか。
マンU本拠地
 Timperley(多分)。郊外は元鉄道駅の流用なので駅舎も風格が有りますねぇ。
この辺は元鉄道駅
 Altrincham到着。鉄道駅と施設併用なのでこれがまた立派なホームで…。
ここもちゃんとした駅
 駅舎はバスセンターも併設。後ろの赤レンガの駅舎にガラス張り部分を付け足した構造になってます。
バスセンター併設
 近くにTESCOが在ったので遅い昼食にフィッシュ・アンド・チップス。
 探し方が悪いのかロンドンと比べるとパブもテイクアウェイ(テイクアウト)店も見かけなかった為、これでも一番マトモな昼食だったと言う ̄▽ ̄;
TESCOでフィッシュ・アンド・チップス
 駅に向かう途中、橋の上から見たAltrinchamの様子。
橋から見た様子
 道を挟んで斜め左前に何故かヤマハの学校が在ると言う。
何故かヤマハ
 次はAラインで東の終点Buryへ。途中ヴィクトリア駅を通りますが通過したのみ。
ヴィクトリア駅
 Bury到着。Altrincham同様駅舎はバスセンター併用の近代的なデザイン。
ここもバスセンター併設
 実はここから一寸歩いた所にSLの走る保存鉄道が在るんですよ。丁度ホームに入って来た所だったんですが、跨線橋の壁が非常に高くて私の身長では見られず、ダンナが写真を撮ろうとしてもすぐに居なくなったと言う…。
SLが走ってる
 保存鉄道の説明。
SL説明
 向かい側には博物館も在る様です。
博物館も近いらしい
 但しホームには切符を買わないと入れません。この辺打刻機が改札代わりのドイツと違い日本に近くて一寸面倒^^;
 それにしてもトーマス押しですな~。流石トーマスを生んだ国(笑)。
ここから先は入れない
 ホームには入れませんが横から柵越しにホームを覗く事なら可能です。
でも横からホームは見られる
 貨物輸送もしてるんですかね。
貨物も有るのね
 今度はDeansgate-Castlefield乗り換えてマンチェスター空港の或るFラインへ。St Werburgh's RoadまではG・Hラインと同じ所を走るし、そうでなくてもDeansgate-Castlefield辺りは兼用が多くて同じ光景を何度も何度も… ̄▽ ̄;
 Trafford Barを抜けてA・Bラインと分岐する辺りに車両基地が在ります。
車両基地
 青い車両は1992年開業時に導入されたT-68ですが、既に前者M5000に切り替わってる為、車両のラインナップが画一的でその辺は面白くないですな~ ̄З ̄;
今は全部同じ車両で面白味は無い
 一旦空港に着いてG・Hラインに乗る為に戻る途中、行き違った空港行の車両が途中駅でいきなり客を降ろして回送に。
 外見からは判りませんが車両内を傷つけたか汚した奴が出た為、急遽運転打ち切りになったそうです。 
 このせいで私等が乗っていた車両も運転停車する羽目になった為、10分位ロス…既に時間は18時を回っており、明日は帰国せねばなりません。
 当初「全然制覇はあまり乗り気では無かった」ダンナが、この時点では既に「全線制覇するしかない!!」状態になっており、そのまま乗車続行する事にしましたが、段々暗くなって来たし写真も上手く撮れなくなってくるのでありました ̄▽ ̄;
事件が有って途中打ち切りになった車両
 事故車は途中駅から直では引き返せない為、一旦空港まで行って引き換えし。メトロリンクは原則12分おきですが代わりの車両が来たかどうかは不明。このせいで飛行機に乗り遅れた人が居たら御愁傷様。
 この車両、Deansgate-Castlefieldで接続待ちをしていたら、回送のまま通過して行きました。
回送で去って行った
 さていよいよ最後の区間Gラインへ(Hラインはこれの短縮版)。この路線、途中のFreehold~Westwood間でこんな風に不自然に曲がります。
こんな風に90度曲がる
 …と言うのもこの先は廃線跡でトンネルも閉鎖されたままなので、これ位曲げないとWestwoodには行けないんですね。廃線流用区間の多いメトロリンクも流石に全部使ってる訳ではないのです。
 廃線トンネルの様子(Google Mapより)。
廃線トンネル
 んで20:30過ぎに漸くRochdale Town Centre到着でメトロリンク全然制覇!! …このおかげで運河を見られなかったんで、もし次回が有るなら今度はそちらを征服しようと思います(笑)^^;
全線踏破!!
 ホームに降りて写真を撮ってると「Excuse me.」と私に声をかける男性が。(写真に写ってる黒人男性)
 落し物でもしたかな?と思ったら、こんな所に来るアジア系の鉄ちゃんは珍しい様で、職員の方が携帯用の小さな路線マップを下さったのでした。
ミニマップ貰った
 畳むと切符サイズですが広げたらこれ位有ります。
広げると路線図が
 折り返し便が出るまで一寸有った為、運転士さんが運転室に入らせてくれたり、マップをくれた職員さん含む数人が次のRochidale Railway Station降りて行く際、手を振ってくれたり…と、色々フレンドリーでメトロリンクに対する好感度上がりました^▽^ 
運転席も見せてくれた
 それにしても営業キロ92㎞の内、併用区間の多い路線だ…しかもかなり往ったり来たりで全然制覇には効率悪いです ̄▽ ̄;  オフピークを狙って出発時間が10時になってしまったのも遅くなった一因ですけど。
 しかし最後にフレンドリーな職員さんに出会えたし、また機会が有ればBuryのSLも乗ってみたいもんですね。

 …と言う事で4か月に渡り続けて来たマンチェスター旅行記をそろそろ終わらせて戴きます。
 引き続きブリスベンIVとポーランドIVをお楽しみ下さい(笑)。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB